東京都立府中東高等学校

〒183-0012
府中市押立町4-21

電話042-365-7611(代表)

メインイメージ ☆文化スポーツ等特別推薦対象の部活動
サッカー部  ・女子バレーボール部
硬式野球部  ・女子バスケットボール部
●運動部
グランド
 ・サッカー部
 ・硬式野球部
 ・陸上部
体育館
 ・バレーボール部
 ・バスケットボール部
    男子 女子
 ・バドミントン部
 ・ダンス部
体育館武道場
 ・ボクシング部
テニスコート
 ・テニス部


●文化部
 ・茶道部
 ・生物部
 ・家庭部
 ・美術部
 ・文芸部
 ・和太鼓部
 ・吹奏楽部
 ・軽音楽部

        
 

東京都高体連サッカー専門部HP

 

月ごとの予定表 2018 <10> <9> <8> <7> <6> <5> <4> <3> <2> <1>   2017 <12> <11>
<サッカー部通信>
new 〔103〕 〔102〕 〔101〕 〔100〕 〔99〕 〔98〕 〔97〕 〔96〕 〔95〕 〔94〕 〔93〕 〔92〕 〔91〕 〔90〕 〔89〕 〔88〕 〔87〕 〔86〕 〔85〕 〔84〕 〔83〕 〔82〕 〔81〕 〔80〕 〔79〕 〔78〕 〔77〕 〔76〕 〔75〕 〔74〕 〔73〕 〔72〕 〔71〕 〔70〕 〔69〕 〔68〕 〔67〕 〔66〕 〔65〕 〔64〕 〔63〕 〔62〕 〔61〕 〔60〕 〔59〕 〔58〕 〔57〕 〔56〕 〔55〕 〔54〕 〔53〕 〔52〕 〔51〕 〔50〕 〔49〕 〔48〕 〔47〕 〔46〕 〔45〕 〔44〕 〔43〕 〔42〕 〔41〕 〔40〕 〔特別〕 〔39〕 〔38〕 〔37〕 〔36〕 〔35〕 〔34〕 〔33〕 〔32〕 〔31〕 〔30〕 〔29〕 〔28〕 〔27〕 〔26〕 〔25〕 〔24〕 〔23〕 〔22〕 〔21〕 〔20〕 〔19〕 〔18〕 〔17〕 〔16〕 〔15〕 〔14〕 〔13〕 〔12〕 〔11〕 〔10〕

〔サッカー部通信新入生号〕
こちらは、4月の新入生に向けたサッカー部通信特別号です。府中東サッカー部の活動方針・目標を確認し、志と覚悟を持った者を待っています!是非一読ください。

部活体験のお知らせ
サッカー部の部活体験は本校グラウンドにて部活動が行われている日は基本的にいつでも受入が可能としています。参加をご希望の方は、サッカー部顧問宛に電話にて参加希望のご連絡をお願いいたします。

2018年度 T4グループB 星取表・日程(2018.10.08更新)
2018年度フレッシュカップ星取表(2018.9.18更新)
2018年度 七地区ユースリーグ星取表(2018.9.18更新)


2017年度地区トップリーグ点取り表
2017年度第7地区ユースリーグ(2部・3部)点取り表
2017年度フレッシュカップ点取り表
2017年度一年生リーグKOG点取り表
2016年度地区トップリーグ・7地区ユースリーグ・フレッシュカップ点取り表
2015年度地区トップリーグ・7地区ユースリーグ・フレッシュカップ点取り表

*Tリーグ等のその他の情報は、TリーグHP地区トップリーグHPをご覧ください。
* 過去の記事は、ページ一番下にまとめましたので、興味のある方はそちらをご覧になってください。


<選手権2次予選vs実践学園>
(2018.10.17)



<明日は選手権二次トーナメントvs実践学園
  F-Hjigashi Styleで昨年度王者に真っ向勝負で挑む!!>

いよいよ明日は、選手権二次トーナメント初戦vs実践学園が、完全アウェーの実践学園高尾グランドで行われます。毎年、二次トーナメントまでの一か月半のTR&TRMは東高の子どもたちが三年間で心身ともに一番成長する時期です。今年は、この間に、Tリーグが三試合行われ、公式戦の緊張感を保ちながら準備ができ、神奈川の強豪校である東海大相模市立橘高校とのTRMでも、選手権に向けての手ごたえを感じています。
さあ、昨年の東京都王者実践学園に「F-Higashi Style」でどこまで喰らいついていけるか!明日のゲームは、実践学園高尾グランド 10:00キックオフです
今年も、東京都の高校サッカーを少しは騒がせるでしょうか?ご期待ください!!
(2018.10.13)


<サッカー部通信 第103号

第103号を載せましたのでご覧ください!! (2018.10.11)



<T4vs東海大高輪台B>
(2018.10.08)



<台風24号上陸>
(2018.10.05)



9月サッカー部予定表

9月予定表を更新しました。 (2017.09.08.)


<サッカー部の体験TR&TRMは、365日受付中!!>
例年になく暑い夏休みが終了し、二学期がスタートしました。
東高サッカー部は、選手権二次トーナメント「都ベスト8」「T3昇格」に向けて継続してTRが行われています。
さて、この夏休みは、現中学生が50人ほどTRやTRMに参加し、東高サッカー部に直接触れました。中学生にとって、高校の選択はとても重要です。学力(成績)は優先順位の上位になりますが、 学校の校風や在校生を見ることも大切です。ぜひ、サッカー部だけでなく、自分の目で東高全体を見て、志望校を決めることをお勧めします。
なお、東高サッカー部では365日いつでも、TR及びTRMに参加可能です。志と覚悟のある中学生の参加を待っています。
(2018.09.08)




<選手権2次予選組み合わせ決定>
(2018.09.04)




<選手権1次予選突破>
(2018.08.28)


8月サッカー部予定表(第四弾)

8月予定表を更新しました。 (2017.08.27)


<町田市招待大会>
(2018.08.23)


<「選手権大会一次予選二回戦勝利!!>
8月21日、選手権大会1次予選の二回戦vs都立足立高校が保谷高校で行われ、4-3で勝利しました。
代表決定戦は24日駒沢第二球技場にて、9:30キックオフ vs都立深川高校です。
引き続き応援をお願いします!
(2018.08.22)

<「選手権大会一次予選初戦突破!!>
8月17日、選手権大会1次予選の初戦vs都立府中高校が行われ、6-1で勝利しました。
二回戦はvs都立足立高校です(11:30KO @保谷高校)。
引き続き応援をお願いします!
(2018.08.18)

<サッカー部通信 第100号

第100号を載せましたのでご覧ください!! (2018.08.16)

8月サッカー部予定表(第三弾)

8月予定表を更新しました。 (2017.08.16)



<T4 vs武蔵>
(2018.08.12)


部活体験のお知らせ

サッカー部では、部活体験の受け入れはいつでも可能です。こちらのお知らせをご覧になってからご連絡をください。


<サッカー部通信 第99号

第99号を載せましたのでご覧ください!! (2018.07.30)


<夏季合宿>
(2018.07.30)


<サッカー部通信 第98号

第98号を載せましたのでご覧ください!! (2018.07.20)


<1学期最後のリーグ戦>
(2018.07.18)



7月サッカー部予定表

7月予定表を更新しました。 (2017.07.04)


<少年サッカー大会>
(2018.06.29)




<フットプラス&AMO>
(2018.06.29)



<ユースリーグ>
(2018.06.26)


6月サッカー部予定表(第二弾)

6月予定表(第二弾)を更新しました。 (2017.06.13)

<サッカー部通信 第96号

第96号を載せましたのでご覧ください!! (2018.06.13)

6月サッカー部予定表

6月予定表を更新しました。 (2017.06.03)



<T4 vs日大豊山>
(2018.05.31)


<サッカー部通信 第95号

第95号を載せましたのでご覧ください!! (2018.05.17)



<第9回Y'sフィールドテスト>
(2018.05.17)



<サッカー部通信 新入生号

サッカー部通信新入生号を載せました。4月の新入生へのサッカー部の入部前の説明会(活動方針やチーム目標の確認)の際に配布している資料です。 (2018.05.10)




<総体支部予選代表決定戦>
(2018.05.08)


5月サッカー部予定表(第二弾)

5月予定表を更新しました。 (2017.05.05)



<総体支部予選二回戦勝利>
(2018.04.30)


5月サッカー部予定表

5月予定表を更新しました。 (2017.05.02)


<総体支部予選初戦突破>
(2018.04.25)







----------------------------------------------------




10月サッカー部予定表(第三弾)

10月予定表を更新しました。 (2017.10.18.)


選手権二次トーナメントvs実践学園 0-3で敗退>
10月14日(日)に行われた、選手権二次トーナメントVS実践学園は、力及ばずに0-3で敗れました。ゲーム全般的には、ここまで積み上げてきた東高のサッカーで闘うことができましたが、結果的には、実践学園の選手のポテンシャルの高さだけではなく、勝負強さや経験値の差が、勝敗を分けたと思います。まだまだ、足りませんね…。
尚、当日は、雨の中、朝早くから遠い実践学園高尾グランドまで多くの方々が応援に駆けつけてくれました。本当に、ありがとうございました。 結果は、0-3で敗れましたが、東高らしさも随所に見られたゲームだったと思います。いつかは、サッカー強豪校を公式戦で倒せるよう、選手及びスタッフ一同更に精進していきたいと思います。
(2018.10.17)



<明日は選手権二次トーナメント>
(2018.10.13)


<Tリーグ終盤戦vs東海大高輪台B6-1で勝利
 14日(日)選手権二次Tvs実践学園に弾みをつける!!>

10月4日(木)、東高グランドでTリーグ第六節東海大高輪台B戦が行われました。今年度は天候により予定されていたTリーグが四回も順延となり、今節のゲームは、8月27日に開催され雷雨で中断、順延となっていたものです。
9月に行われたTリーグの2ゲームでは國學院久我山に0-3、町田ゼルビアに1-1と勝ち点1しか積み上げられず、T3昇格の夢は立たれると同時に、T4残留争いに加わってしまいました。不名誉な残留争いから脱するためにもこのゲームでは勝ち点3が必要でした。平日の放課後のゲームとあって観客も多く、子どもたちはいつも以上に燃えているようでした。
ゲームはキックオフ直後からホームのアドバンテージを活かして高輪台ゴールを襲います。前半3分に先制すると、ここから東高のゴールラッシュで、前半を5-0と大きく突き放しました。後半、不用意なFKから失点するものの現在進行形の攻撃的な守備から、チャンスを多く作ることができました。得失点差のことを考えると、決定的なシュートをしっかり決めきりたかったのですが、6-1で勝利し勝ち点3をゲットしました。

さて、いよいよ10月14日の選手権2次トーナメントまで10日間となりました。この一カ月半、実践学園に勝つために積み上げてきたことを、再度確認&徹底してTRを行い、各上チームから勝利をもぎ取りたいと思っています。
当日は、完全アウェイですが、青の勢いに負けないよう、赤ウェアーでの応援よろしくお願いします。
(2018.10.08)


台風24号が東高グランドを襲う!!
 T4vs大東文化第一、今年五回目のTリーグ順延に・・・>

10月1日に予定されていた、Tリーグvs大東文化第一は、台風24号の影響により順延となりました。今年度は、天候の関係でTリーグが順延になることが多く、今回で五度目です。さすがに、自然相手にはどうにもならないので仕方がありませんが、子どもたちのリズムが崩れてしまいます。結局、第一節に組まれていた大東文化戦は、最終節になります。
さて、台風一過の後、東高のグランドでは、ゴールが移動し、ミニゴールは重なり合い、部室の扉や倉庫の幌が破壊されるなど、台風24号の猛威を物語っていました。
早速、子どもたちは復元をし、午後に予定されていた地区リーグ2部の最終節vs永山高校とTRMの京華高校戦は無事に行われました。
(2018.10.05)

10月サッカー部予定表

10月予定表を更新しました。 (2017.10.03.)

<サッカー部通信 第102号

第102号を載せましたのでご覧ください!! (2018.09.09)




選手権二次トーナメント組み合わせ決定!!
     10月14日10時KOvs実践学園

9月1日(土)、選手権二次トーナメントの組み合わせ抽選会が、駒込学園勧学ホールにて行われました。二次トーナメントには全都320校から、シード校と一次トーナメントを勝ち上がった全56チームが、全国高校サッカー選手権大会の東京都二代表の座を賭けて争います。
組み合わせ抽選会は、各チームキャプテンが予備抽選順にカードを引いていきます。府中東高校キャプテンは最後の56のカードを引き、インターハイベスト4の東京朝鮮高校のシード山に入りました。
そして、注目の選手権初戦の対戦相手は、昨年の東京都代表校である実践学園に決定。初戦から厳しい闘いが待ち受けています。実践学園は、全国大会に三回出場し、今年のT1リーグでも上位グループであり、言わずと知れた全国区の強豪校です。二年前に、関東大会予選で対戦した時は1‐2で敗退しています。まさに、リベンジマッチとなります。
二次トーナメントが、10月中旬からの開催ということもあり、ここから選手権までの一ヶ月半、じっくりTR&TRMができます。今年もしっかりと準備し、実践学園戦に「当たって砕けろ」の精神で挑み、高校サッカー界をひっくり返すような話題を作りたいと思います。
チームの目標は、「都大会ベスト8!!」です。引き続き、二次トーナメントも応援宜しくお願いいたします!!

<選手権一次予選結果>
 8/17 二回戦   vs府中 6-1
 8/21 三回戦   vs足立 4-3
 8/17 代表決定戦 vs深川 8-1 二次トーナメント進出!!

東高サッカー部、平成最後の夏はまだまだ続きます!
(2018.09.04)



<選手権大会2次予選進出決定!!>
8月24日、駒沢第二球技場で選手権大会1次予選の代表決定戦vs都立深川高校が行われました。前半に先制点を取るものの、集中力を欠いたプレーが見られ、1点を失いました。前半のクーリングブレイクで「」をいれ、前半を3-1で折り返します。後半は得点を重ねることができ、終わってみれば8-1で勝利しました。
4年連続の二次予選進出を決めることができました!たくさんの応援をありがとうございました。
なお、1次予選の様子については、通信101号にも掲載していますので、ご覧になってください。
(2018.08.28)

<サッカー部通信 第101号

第101号を載せましたのでご覧ください!! (2018.08.27)

<2018町田市サッカー招待大会
      サテライトチームが優勝!>

8月18日(土)、町田市サッカー招待大会(ジュニアユースチームと高校生の交流大会)に東高サテライトチームが参戦し、緑山SCコンフィアール町田に勝利し、優勝を飾りました。
どんな小さな大会であっても結果を出すことは、特にサテライトチームに所属する選手の自信になると思います。このチームから一人でも多くトップチーム入りを目指し、夏休み後半のTRに励んで欲しいと思います。そして、8月下旬から再開する地区リーグ戦に向けて弾みをつけたいものです‼
(2018.08.12)



(2018.08.22)


<Tリーグ第三節vs武蔵5-3でT4初勝利!!
   T3昇格へ望みを繋げる>

8月3日、武蔵高校グランドTリーグ第三戦が行われました。
今年の夏は、日本列島が二つの高気圧に覆われ、今まで経験したことのない暑さが続いています。この日も、キックオフが9時半にも関わらず、既に30℃を超えています。しかも、人工芝グランドであり、体感温度は気温以上だと思います。過酷な条件の中でのゲームに、試合時間が45分も遅れるというアクシデントもあり、ゲームの入りが不安でしたが、予想通り前半4分にCKから、17分にはミドルシュートで2失点と苦しい立ち上がりとなりました。しかし、主導権は握っていたので、前半のうちに追いつき3-3で折り返します。
後半は、相手の運動量が急激に落ち逆転に成功すると、その後も追加点を奪い、終了間際の武蔵の攻撃を凌ぎ、結局5-3T4初勝利!!T3昇格へ望みを繋げました。
次節は、8月27日(月)、東海大高輪台高校戦です。その前に、大切な選手権一次トーナメントが控えています。
(2018.08.12)

<「ダボスの丘走り、半端ないって・・・
       2018夏菅平合宿が無事に終了!!>

東高サッカー部恒例の菅平合宿が、7月21日~25日(四泊五日)に行われました。この合宿中は、一年間で最も過酷で厳しいトレーニングが五日間続き、合わせて非日常の環境の中で生活を送る、まさに現代版「虎の穴」とも言えます。合宿所の周りにはもちろんコンビニなどはありません。 子どもたちは、一日中サッカーに集中し、全てのトレーニングに緊張感を持って臨み、仲間と寝食を共に生活をする貴重な時間の中で、劇的な成長を遂げます。今年の菅平は、日中例年になく暑い日が続き、かなり厳しいトレーニングとなりました。しかし、ここでは、甘えや気の緩み、泣き言、隙をつくることはタブーです。合宿所での生活が、サッカーのスキルアップだけではなく、人間力向上にも繋がります。
さて、菅平合宿で最大の目玉は、期間中二回行われる標高1600mにあるダボスの丘でのトレーニングです。この大自然の丘での「半端ない走り」が、サッカーに懸ける自分の意志を確認する上で最高の場であり、子どもたちは心身ともに鍛え上げられ、逞しくなります。 まさに、やり終えた時の充実感・達成感は、この丘を走ったものにしか味わえません!! 子どもたちの将来に大きな影響を与えるほど貴重な経験です。特に、三年生は高校生活最後のダボス走りを終えた時、「真の男」となります。
今回の合宿も大きなけがはなく、無事に終了しました。それは、毎年、東高サッカー部の合宿に多くのスタッフが、多忙中にも関わらず大切な時間を割いて菅平まで来て、子どもたちにサポートをして頂いているおかげです。この強力なスタッフ陣に支えられて東高サッカー部は成り立っているといっても過言ではありません。本当に、感謝・感謝・感謝です!!

さて、東高サッカー部は、東京に帰ってから一日OFFを挟んで、選手権に向けてトレーニングを再開しました。選手権初戦のゲームまでは三週間となり、菅平合宿で得た成果をこの後のTR&TRMでチャレンジし、確認しながら、選手権二次トーナメント進出を目指したいと思います!!
東高サッカー部、選手権こそは絶対にやります!!
(2018.07.30)


<一学期最後の三連休はリーグ戦三昧!!
Tリーグ vs正則学園勝ち点1を獲得>

一学期最後の三連休は、各リーグ戦が行われました。14日(土)は正則学園T4リーグを行い、試合巧者の相手に先行されリードを許すゲーム展開となりましたが、後半に一度は逆転します。しかし、ラストにPKで追いつかれ引き分け。Tリーグで勝ち点1を獲得しました。
翌日は地区ユースリーグが行われ、サテライトチームは片倉Bには敗れたものの、帝京八王子には勝利し、リーグ戦初白星を飾りました。そして、16日(月)は地区一部リーグVS明大中野八王子に東高セカンドチームが挑みました。前回の八王子北高校戦の反省を活かし、前からプレスをかけてボールを奪い押し込みます。常にリードを奪うもののミスから失点し嫌なムードが漂いましたが、相手を突き放すゴールを奪います。 その後も、ポストやバーにシュートが当たり不運も重なり追加点を奪えずにいると、最後は相手の技ありシュートが決まり、3-3で引き分けました。ゲームの主導権を握り、シュート数も多かったのですが、勝ちきれないところにまだまだ課題が残りました。
今学期も残り僅か。サテライトチームは合宿前に2ゲームリーグ戦がありますが、TRの成果を発揮し結果を出して合宿に突入したいところです。
(2018.07.18)

<「第六回東高杯 少年サッカー大会」を開催
  日本の未来のフットボールを変えるのは君たちだ!!

7月1日(日)、今年度は初となる少年サッカー大会を東高グランドで実施しました。今年で、三年目となるこの手作りの大会も六回目を数えます。
今回は、五・六年生対象で、参加チームは、地元の「小柳まむしSC」「南山EFC」「日野リトルキッカーズ」「北野FC」と、世田谷の「スエルテ」「ロボス」「砧南」で、総勢100名近くの子どもたちが初夏の暑さにも、砂ぼこりにも負けずに一日中ボールを追いかけていました。
ワールドカップの合間ということもあり、子どもたちも刺激を受けているのか、時折魅せるスキルフルなプレー知的なプレーでチャレンジする場面が随所に見られ、高校生たちを唸らせていました。子どもの柔軟な思考や発想は大切にしたいものですね‼ 
スポーツの原点はこういうところにあるのだと毎回運営側も刺激を受け、子どもたちから大いに学びます。こういう場を今後も提供していきたいと東高サッカー部では考えています。
今回もグランドの設営や大会運営、レフリーは、全て東高サッカー部員が行い、一日兄貴分としてサッカー小僧たちのお世話をしました。高校生も、嘗ては、サッカー小僧としてお世話になったからこそ今があるので、その恩返しを形として表せたと思っています。大会運営を通して、高校生も成長する大切な場となっています。
また、少年サッカーチームのスタッフの方々からも、大変感謝されました。子どもたちとの約束を守るために、今後も継続して大会を開催していきます。サッカー小僧たちの笑顔が東高サッカー部のバロメーターとなっています。
「日本のフットボールを変えるのは、君たちだ!!」

尚、今大会は、趣旨に賛同して頂いた方々からサポートを受け、スポーツに対する様々な角度からアプローチができて大変盛り上がりました。スタッフ一同、心から感謝しております。ありがとうございました!! そして、今後ともよろしくお願いします。
(2018.07.04)

<サッカー部通信 第97号

第97号を載せましたのでご覧ください!! (2018.07.03)

<高校サッカー界では、日本一早いAMO導入!>
東高サッカー部では日々のTRを一番大切にしていますが、それ以外にも多くのスタッフの方々のご協力のもと、子どもたちの持っている能力を最大限発揮できるよう様々な角度からアプローチしています。その中のひとつで、この数か月間強化しているTRが「足趾」です。足趾を自在に動かし、使えることが、パフォーマンスアップに繋がると考えています。その足を支えるシューズへのアプローチを真剣に考えるとともに、今回は「AMO」の会社のご協力もあり、高校サッカー界ではとなる、チームでグリップシューレスを購入し、自分たちの競技力向上につながるようTRしていきたいと思っています。
もちろん、itemだけで結果が出る程、スポーツの世界は甘いものではないことは重々承知しています。日々の努力があってこそ活かされるものです。子どもたちには、そこを勘違いせずにTRに励んでいきたいと思っています。
(2018.06.29)

<期末考査前、最終TRMは勝利で飾る
  サテライトチーム地区リーグ連敗・・・。根本から見直しを>

6月23日、24日と期末考査前最後のTRM&地区ユースリーグが行われました。梅雨の真っ只中ということもあり、両日とも雨天の影響でグランドコンディションは最悪の中、トップチームは普段のTR成果を如何なく発揮し、土曜日は湖のようなグランドで杉並高校に、日曜日は緩いグランドで実践学園の一年生チームに失点はあったものいつも通りのゲーム運びができて完勝。怪我人も復帰し、チーム内の競争も激化?し、順延続きのTリーグ地区一部リーグに向けて、順調にチーム作りが進んでいます。
しかし、サテライトチームは、不甲斐ないゲームで地区二部、三部の初戦を黒星スタート。やはり、ゲームで100%の力を発揮できず、下のチーム特有の悪い流れを断ち切れません。トップチームと同じ練習メニューと練習時間。選手の能力もさほど変わりません。しかし、この差はどうして生まれてくるのでしょうか…?結局、普段のTRの取り組み姿勢、さらに掘り下げれば、学校や日常生活というところに問題があるのです。根本から見直さなければ、解決はできません。昨年先輩たちが積み上げて残してくれた結果を一年で不意にしてしまうのか?サテライトチームには、責任と自覚を持って日々のTRに臨み、今一度、日常生活から見直すことが必要です。このままでは終われません!!
(2018.06.26)


<2018 T4開幕戦vs日大豊山
 昇格候補相手に後半追い上げるも1-2敗戦・・・>

5月27日(日)、待ちに待ったT4リーグの開幕戦が、東高グランドで行われました。いよいよ東高サッカー部念願のTリーグがスタートします。相手は、関東大会で成立学園に惜敗、インターハイでは早実に敗れたものの、近年、着実に安定した力を付けてきた、日大豊山高校です。既に、リーグ戦では二連勝し、T3昇格候補ナンバー1です。
東高は、インターハイ予選敗戦後、Tリーグに向けてTRを行ってきましたが、先週予定されていた武蔵高校とも日程の関係で順延となり、一か月遅れの開幕となりました。今年度のを握る大切な初戦であり、東高の現在地を知るには最高の相手です。
久しぶりの暑さの中での90分ゲーム。今週は、中間考査中ということもあり、フィジカルTRで追い込むことができなかったことが懸念されましたが、いい緊張感を持ってキックオフを迎えました。立ち上がり、先に絶好のチャンスを迎えましたが、相手GKのファインセーブに合います。その後は一進一退の攻防を繰り返し、拮抗したゲームが続きましたが、前半22分に東高のミスから奪ったボールを相手が20mほどの見事なドライブシュートを決めます。前半33分には、FKから一番警戒していたキャプテンにヘディングシュートを決められ、0-2で前半を折り返します。
後半は、少し足の止まった相手に中盤でのパス回しで揺さぶりを掛けチャンスを作ります。相手ゴール前まで何度も近づきますが、最後のフィニッシュの精度が上がりません。途中、メンバーチェンジや、ポジションチェンジをして変化を作り、日大豊山ゴールに圧力をかけ続けました。すると、後半80分に待望のゴールが生まれ、押せ押せムードの高まる中一気に追加点を狙いますが、最後の牙城を崩せずにこのままタイムアップ。Tリーグ初戦は候補日大豊山を追い詰めましたが、力及ばず1-2で勝利を飾ることはできませんでした。しかし、敗れはしたものの、攻撃では東高らしさが見られ、候補日大豊山高校にシュート数、コーナーキック数で上回り、次戦に繋がる闘いができたと思います。次戦の国学院久我山戦に向けて、TRしていきたいと思います。
(2018.05.17)


<第九回 Y'sフィールドテスト実施!>
東高サッカー部では、チームの課題である「守備面の意識改善・向上」を図るために、四年前から「Y’s アスリート」の優秀なSTAFFよるトレーニングを導入しています。チームは、このTRの成果が表れ、一昨年度より公式戦に於いて結果に繋がり出しています。
5月11日には、年二回のペースで行う「Y’sフィールドテスト」を実施し、全10種目について計測しました。今回は新入生も含めて全学年で計測しました。上級生は、厳しい冬のTR成果が、一年生は現地点の力が数値となって表れます。東高サッカー部では、毎回計測しているデーターを、各スタッフで共有し、それを基に活用し、科学的に今後のトレーニングに活かしていきます。

「少年老い易く学成り難し」
インターハイ予選は残念な結果に終わりましたが、チームは、この冬のTRの成果が着実に表れ始めています。昨年度のチームと比較されることも多いのですが、小柄で華奢でも今年度のチームコンセプトである「全員で魅せるフットボール」に向けて、更に精進していきます。New F-Higashi Styleに向けて進化していきます。
(2018.05.17)


<2018インターハイ予選代表決定戦vs明大明治
   強固な守備網を崩しきれずに完封負け・・・>

5月3日(木)、インターハイ予選代表決定戦は、強風の吹く中、明大明治高校グランドで行われました。会場は、人工芝のグランドであり、日頃から積み重ねてきた攻撃的サッカーを発揮できる絶好のチャンスです。
この日も、キックオフから明大明治ゴールに迫ります。シュートこそは枠に飛びませんでしたが、立ち上がりから攻撃陣の勢いは感じました。しかし、前半10分に、中盤で不用意に奪われたボールを逆サイドに展開されると、風に乗ったグランダーのボールが通り、ドリブルで持ち込まれ、右足で振り抜いたファーストシュートが、逆サイドネットに見事に決まり、明大明治に先制点を奪われます。しかし、時間は十分にあり、子どもたちも気持ちを切り替えて慌てることもなく、いつも通りのサッカーを展開します。 中央からの仕掛けやサイド攻撃で何度もチャンスを作りますがフィニッシュの精度が悪く、前半は明大明治のゴールを奪えませんでした。
後半に入っても、前線の選手を一人残し守備に徹する相手に手古摺ります。ボールを持っている時間は長いのですが、相手守備陣を崩しきれません。時折、こちらのミスを狙っていたかのようなカウンター攻撃で追加点を狙われますが、ここはGKが果敢なプレーで対応して阻みます。東高は、手を変え、品を変え、波状攻撃を繰り返しますが、強固な守備網を最後まで破れずに、このままタイムアップ…。 実に、TRMを含めて二か月ぶりの完封負けで、残念ながらインターハイ予選は終了しました。
 負けに不思議な負けはなし!!
今大会は、守備重視のチームからゴールを奪えずに敗退。まだまだ、力不足です!!
強固な守備網を敷くチームからもゴールを抉じ開けるためには、東高の攻撃サッカーに更に磨きをかけるために、個人の力を伸ばしながら、チーム力アップも図らなければなりません。この後のリーグ戦、夏の選手権予選に向けて、今回の結果を真摯に受け止め、今後も精進していきたいと思います。 しかしながら、敗れはしたものの最後まで自分たちの積み上げてきた攻撃サッカーを貫くことができたので、胸を張って次に進んでいきたいと思います。
今後も、東高サッカー部応援よろしくお願いいたします!!
(2018.05.08)



<2018インターハイ予選vs三鷹
   全国経験チームに競り勝ち代表決定戦へ!!>

4月29日(日)、インターハイ予選二回戦でいきなり強豪校三鷹高校との対戦となりました。ご存知のように、三鷹高校は四年前に全国選手権大会に出場し、ベスト8という実績を持つ伝統校です(都立高校では最高成績です)。学校が中高一貫校になり入試制度が変わり、選手が集まりづらくなっていますが、昨年の選手権の駒場戦の死闘を見る限りでは、三鷹魂は健在です!!
東高は、先週のゲームで大勝しているだけに、三鷹戦に向けてより気を引き締め、隙を作らずに一週間TRしてきました。公式戦の怖さは、子どもたちが一番よく理解しています。
キックオフ直後にGKと一対一になる決定的なチャンスを数回作りましたが、シュートを決められませんでした。この日も、三鷹陣内での攻撃時間が長くなりましたが相手DFの粘り強い対応にゴールを奪えずに時間は経過していきます。そして、前半37分に東高らしい崩しからゴールを決め前半を1-0で折り返します。最も警戒していた、三鷹高校のセットプレーもしっかり対応できていたので、後半は、追加点を取って主導権を握りたいところでした。 すると、後半10分に右サイドから切り込んで打ったシュートのコースが変わり、追加点が入ります。その後も、前掛りになった三鷹高校の裏を突きチャンスを作りますが、ゴールを決めきれず、逆に中盤のミスから素晴らしいシュートを決められ2-1になり、バタつきます。しかし、ここからはチームでしっかりボールを握り、このままタイムアップ。三鷹高校に勝利して、5月3日の代表決定戦VS明大明治に臨みます。
明大明治高校は、昨年度より前盛岡グルージャ監督(J3)の神川氏を招聘し、早速、地区トップリーグに昇格させ、本格的にチーム強化に当たっています。素晴らしい指導者のいるチームですが、まだまだ負けるわけにはいきません!!都大会出場目指し、全力でチャレンジします!!応援よろしくお願いいたします!!
(2018.05.02)



<2018インターハイ予選初戦vs自由学園
   新年度最初の公式戦を勝利で飾る!>

4月21日(日)、待ちに待った新年度の公式戦がスタートしました。先週、Tリーグ開幕戦がグランドコンディション不良のため、このインターハイ地区予選が初戦となります。 先週末は、十数年ぶりの四月の真夏日ということもあって、トレーニングではできなかった暑熱に対しての闘いも避けられません。キックオフ時の13時30分には気温は30度を超えていました。
キックオフから相手ゴール前に攻め込みますが、公式戦ともなれば相手も必死です。ゴールを奪えず、少しずつ焦りも出てきたのかプレーの正確性を欠き、飲水タイムを迎えます。まさに、これが力水となったのか、先鋭点を奪うと、初戦のプレッシャーの呪縛から解き放たれ、ここからゴールラッシュ!!立ち上がりこそ苦労しましたが、大量得点で初戦を突破しました。
次戦は、強豪校の三鷹高校です。全国大会を経験しているチームと、公式戦という真剣勝負の場で三鷹高校と闘えることは、現在の東高サッカー部の力を知る上で貴重です。今週しっかり準備して、チャレンジャーとして29日の大一番に臨みたいと思います
(2018.04.25)




ページトップに戻る




過去の記事はこちらにまとめましたので、興味のある方は是非ご覧ください!
【平成30年度】
H30年度 2017締めくくり~2018シーズンスタート




【平成29年度】
H29年度 44期生卒業
H29年度 選手権二次予選
H29年度 地区トップリーグ順位決定戦 Tリーグ昇格
H29年度 夏合宿・夏の武者修行
H29年度 GW~夏休み TR&TRM三昧
H29年度 インターハイ予選


H29年度 冬の鍛練期
H29年度 七地区新人戦
H29年度 選手権一次トーナメント突破
H29年度 菅平夏合宿 写真集
H29年度 地区トップリーグ戦記
H29年度 新シーズン開幕を勝利で飾る!

【平成28年度】
H28年度 新シーズン開幕に向けて年度末の武者修行
H28年度 フレッシュカップ・地区選抜で一年生も成長
H28年度 七地区新人戦
H28年度 高校サッカー選手権大会
H28年度 各リーグ戦開幕&TR本格始動


H28年度 43期生 三送会&卒業式
H28年度 冬の鍛錬期 年末年始TR&TRM・寒稽古
H28年度 地区トップリーグ最終結果
H28年度 東高杯 少年サッカー大会を開催
H28年度 関東大会都予選ベスト16進出

【平成27年度】
H27年度 年度末もTR&TRM
H27年度 冬季TR 寒稽古・ナイキエリートプログラム
H27年度 山本邦昌氏サッカークリニック
H27年度 夏休み リーグ戦&武者修行
H27年度 夏休み合宿前の活動・リーグ戦


H27年度 U-16東京都地区選抜大会
H27年度 七地区新人戦 準優勝
H27年度 専門学校サッカーフェスティバル
H27年度 夏季強化合宿@菅平高原 写真集
H27年度 各ユースリーグが開幕

【平成26年度】
H26年度 春の土浦遠征
H26年度 寒稽古を実施!
H26年度 東高サッカー部の年末年始
H26 地区トップリーグ順位決定戦(vs杉並ソシオ・保善)
H26 府中市民大会 優勝!!
H26 1年生チーム、元木明杯に参戦!


H26年度 フレッシュカップ順位決定戦
H26年度 U-16東京都地区選抜大会
H26年度 新人戦兼関東大会予選
H26 第一回Ysフィールドテスト・日々のトレーニング「虎の穴!」
H26年度 全国高校サッカー選手権大会 東京都1次予選
H26年度 夏季強化合宿 in菅平高原

ページトップに戻る